Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

【歌詞和訳】Taylor Swift(テイラー・スウィフト)–cardigan

COVID-19によるロックダウン中に書かれレコーディングされた彼女のプロジェクトのリリースに伴い、「カーディガン」はテイラー・スウィフトの8枚目のスタジオ・アルバム『folklore』からのリード・シングルとなっています。

“カーディガン “は、ベティの視点から語られるフォークロアの “ティーンエイジ・ラブ・トライアングル “の最初の部分であると考えられています。”オーガスト “と “ベティ “の視点で語られている。スウィフトはフォークロアの発売日の夜、ライブチャットでこう説明しました。

「私が『ティーンエイジ・ラブ・トライアングル』と呼んでいる3曲のコレクションがあるのよ。この3曲は、人生の様々な時期に3人の視点から三角関係を探っているの。」

では和訳です!

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)–cardiganの和訳

[Verse 1]
Vintage tee, brand new phone
High heels on cobblestones
When you are young, they assume you know nothing
Sequined smile, black lipstick
Sensual politics
When you are young, they assume you know nothing

ヴィンテージTシャツ、新品スマホ
石畳にハイヒール
若い時は何も知らないと思われる
スパンコールスマイル、黒の口紅
官能政治
若い時は何も知らないと思われる

[Chorus]
But I knew you
Dancin’ in your Levi’s
Drunk under a streetlight, I
I knew you
Hand under my sweatshirt
Baby, kiss it better, I

でも私はあなたを知っていた
リーバイスを履いて踊る
街灯の下で酔っぱらって
知ってた
スウェットの下の手
ベイビー もっと良いキス 私

[Refrain]
And when I felt like I was an old cardigan
Under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite

私が古いカーディガンだと感じた時には
誰かのベッドの下で
あなたは私を置いて 自分の好みだったと言った

[Verse 2]
A friend to all is a friend to none
Chase two girls, lose the one
When you are young, they assume you know nothing

「八方美人頼むに足らず」
二人の女の子を追い 一人を失う
若い時は何も知らないと思われる

[Chorus]
But I knew you
Playing hide-and-seek and
Giving me your weekends, I
I knew you
Your heartbeat on the High Line
Once in twenty lifetimes, I

でも私はあなたを知っていた
かくれんぼをしたり
週末一緒にいないか?
知っていた
ハイラインでのあなたの鼓動
20回の人生に一度、私は

[Refrain]
And when I felt like I was an old cardigan
Under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite

私が古いカーディガンだと感じた時には
誰かのベッドの下で
あなたは私を置いて 自分の好みだったと言った

[Bridge]
To kiss in cars and downtown bars
Was all we needed
You drew stars around my scars
But now I’m bleedin’

車や繁華街のバーでのキスに
私たちが必要としていたのは
あなたは私の傷の周りに星を描いた
でも今は血が出てる

[Chorus]
‘Cause I knew you
Steppin’ on the last train
Marked me like a bloodstain, I
I knew you
Tried to change the ending
Peter losing Wendy, I
I knew you
Leavin’ like a father
Running like water, I
And when you are young, they assume you know nothing

知っていたから
終電に乗り込み
血痕を残すように私に印をつけた
知っていた
エンディングを変えようとした
ピーターはウェンディを失った
知っていた
父のように去る
水のように走る 私は
若い時は何も知らないと思われる

[Verse 3]
But I knew you’d linger like a tattoo kiss
I knew you’d haunt all of my what-ifs
The smell of smoke would hang around this long
‘Cause I knew everything when I was young
I knew I’d curse you for the longest time
Chasin’ shadows in the grocery line

でも 私はあなたがタトゥーのキスのように長く残ると思っていた
あなたは私の全ての可能性に悩まされると思っていた
たばこのにおいが漂ってくる
若い頃は何でも知っていたから
あなたをを一番長く呪うと思っていた
スーパーの列の影を追い

I knew you’d miss me once the thrill expired
And you’d be standin’ in my front porch light
And I knew you’d come back to me
You’d come back to me
And you’d come back to me
And you’d come back

スリルがなくなると寂しくなると思っていた
そして、あなたは玄関の明かりの中に立っているだろう
あなたが戻ってくると思っていた
あなたは私のところに戻ってくるだろう
あなたは私のところに戻ってくる
あなたは戻ってくるだろう

[Refrain]
And when I felt like I was an old cardigan
Under someone’s bed
You put me on and said I was your favorite

私が古いカーディガンだと感じた時には
誰かのベッドの下で
あなたは私を置いて 自分の好みだったと言った

最後までお読みいただきありがとうございました。

この和訳には、和訳者の個人的なアーティストや曲に対する解釈が含まれている恐れがあります。間違った和訳・解釈等ございましたらコメント欄までお願い致します。

また、洋楽の歌詞や意味を知るということは、英語の口語的な表現やスラングを学ぶのに適していると私は考えています。
皆さんの英語学習にもお役に立てたら幸いです。